スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





REITへの投資を控えるべき理由について


基本的に、REITの銘柄と株式の銘柄は同じ証券取引所(東京証券取引所)にて取引されているため、
取引に関する条件につきましては、当然のことながらそれほど大きな差はありません。


実際に上場されているREIT銘柄を比較しても、運用している不動産物件が存在しているエリアも違え
ば物件事態の特徴も異なりますが、ポートフォリオとしてみた場合には大きな差はありません。


新興市場までにREIT市場が拡大されれば良いのですが、ご存知の通り、リーマンショック以降の金融
危機の影響で不動産市場全体が低迷してます。新興不動産業者が多数破綻に追込まれています。


こうした状況下ではREIT市場への上場を断念するケースも少なくありません。オフィスビルを主体とした
リートでなく、マンションを主体としたリートの場合は大手の不動産会社のバックアップがあります。


こうした形以外で単独での上場は厳しいといわざるえません。このためREITへの投資に対して懐疑的な
目を向ける方も少なくないですが、こうした状況が未来永劫続くわけではありません。


いずれは本格的に持ち直す場面が訪れると思います。今現在リート市場は多少戻した感もありますが、
これは過剰流動性によるものなので、いってみればミニバブルのようなものです。


バブルは所詮バブルですからいずれはなくなってしまいます。また、大底を打つまで大きく下落するかも
しれませんので、しばらくはリートへの投資は控えるべきだと思います。遅くても夏前までにはリートだけ
でなく、株式投資や投資信託の購入なども一旦お休みした方が良いいでしょう。





テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : REIT

コメントの投稿

Secre

REITとは」の先頭へ
さらに詳しく調べる


 検索例  
REIT 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム

ボタン
ユーザータグ

REIT 資産運用 不動産投資 不動産市場 不動産投資信託 分配金 オフィスビル 上場 不動産ファンド 中古マンション 金融商品 入居率 トヨタ 賃貸住宅 J-REIT市場 野村不動産 カーシェアリング ファンド 東京証券取引所 ゼネコンデベロッパー 不動産 プロパティマネジャー 株式市場 株式 ブックビルディング 見通し ポートフォリオ 株式投資 リート 分散投資 目論見書 

タグ

  • seo
  • seo
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。